SourceBoost V6.85の改良点

全インストール内容
古いC2C,C2C++,P2Cコンパイラをインストールから削除

BoostBasic
マニュアル更新:コンパイラとリンカコマンドラインオプション部分、MPLAB V8.x統合、#pragmaプリプロセッサ・ディレクティブ

BoostC/BoostC++

  1. マニュアル更新:MPLAB V8.xの追加リファレンス
  2. 特定の場合において、数字がインデックスとして使用された際に、不正なコードが生成されるバグを修正
  3. ビープコマンドラインオプションの追加
  4. 8ビット長の配列要素に使用されるスイッチ動作の不正コードが生成されるバグを修正
  5. 複雑な表現を処理するコンパイラのコアの一部を修正
  6. ビットと非ビットオペランド間のXOR処理の際、不正なコードが生成されるバグを修正
  7. サポートの追加: 'for'ループ命令中の宣言のサポート
  8. スタックオペランドの定数インデックスが一部のコードを失うバグを修正
  9. 生成されたコードの最適化を改良
  10. ハミングコード例の追加

BoostC++

  1. サポートの追加 :: コールの処理
  2. サポートの追加 :: グローバルスコープから変数を指すオペランド

リンカ

  1. 内部リンカ警告、Coff生成:内部警告:Var:c 不正なタイプ id:0x10000B8C のバグを修正
  2. ファイルチェック時のポインタサイズを統一
  3. ディレイルーチンを修正:
    ・PIC18で「GOTO」命令の拡張時に起こるPIC18ルーチンの大きなエラーを修正
    ・ディレイ関数の誤差を修正
  4. 最適化オフ時に、リンカがオーバーラップしたコードをレポートする際のバグを修正

BoostBasicコンパイラ

BoostBasicとは、PIC18、PIC16、PIC12プロセッサで機能するBASICコンパイラです。
BoostBasicのコードスタイルはMicrosoft Visual Basicにとてもよく似ていますので、VBプログラマの方々にお勧めです。

BoostBasicを継続して使用する場合は、ライセンスのご購入が必要です。

コンパイラの切替方法

ソースブースト上で使用するコンパイラを切り替えるには、以下の手順で行ってください。

  1. ソースブーストを起動し、メニューの[設定]を選択してください。
  2. ダイアログが表示されるので、使用したいコンパイラを選択し、[OK]を押してください。

解除キーの登録方法

ソースブースト 6.0「ソースブースト IDE」と「BoostCコンパイラ)」を継続して利用するための解除キーを登録してください。 登録していない場合、インストール後14日で使用できなくなります。 この期間を過ぎても解除キーを使用すれば、制限が解除されます。

解除キーの登録方法

  1. 「スタートメニュー」>「すべてのプログラム」>「SourceBoost」>「Preg」をクリックしてください。
  2. 「SourceBoost Registrator」が表示されます。
  3. 同封されている「ユーザー名」「解除キー」を入力してください。
  4. 「Product」に購入したライセンス品目にチェックし、「OK」をクリックしてください。

ユーザー登録をして頂けますようお願い致します。 ユーザー名・解除キーは、ご購入時に発行しております。 今後の情報提供やサポートサービスの基礎情報とさせて頂きます。

また、ユーザー登録をされていない場合は、解除キーなどの紛失をされましても再発行ができませんので、ご了承下さい。

ユーザ登録はこちらからお願い致します。