ICD2アダプタ16

主な特徴

ICD2-ADP16は、PIC-ICD2やPICKit2のような、ICSP専用のPICデバイス書き込み器で、付属のZIFソケットを使って、 DIP タイプのデバイスを書き込むためのアダプタです。PIC-ICD2などのICSPのケーブルを、 ICD-ADP16のヘッダピンに接続するだけで、DIP タイプのPICデバイスの書き込みを簡単に行うことができます。

対応デバイス

40ピンまでの16ビットタイプのPICデバイス (dsPIC30F/dsPIC33F/PIC24H/PIC24FJシリーズ)

JP1 ヘッダピンタイプのICSPケーブルまたはPICKit2接続用
CN1 モジュラケーブルタイプのICSPケーブル接続用
SW1/SW2 デバイス選択スイッチ(通常は全てOFF)
CN2 外部電源供給用(オプション)

使用方法と接続例

ケーブルのタイプに合わせ、JP1またはCN1にICSPケーブルを接続し、書き込むデバイスの1番ピンが、 ZIFソケットの1番ピンマークの位置になるよう、デバイスをZIFソケットの最上部に合わせて装着し、書き込みを行ってください。

ダウンロード

項目 ダウンロード サイズ 更新日
ICD2アダプタ16 ユーザマニュアル
(外形寸法・回路図など、その他詳細はこちらからご覧下さい。)
PDF 206KB 2007/10/26

別売オプション

ヘッダピンケーブル
PICKit2のICSP端子をICD2-ADPに接続する場合に使用します。 また、PICKit2の ICSP端子の延長ケーブルとしても使用できます。
■モジュラーケーブル
ICD2アダプタに接続して使用するケーブルです。(準備中)

おすすめ商品

ICD2アダプタ16+PICkit2セット

ICD2アダプタ16とマイクロチップ社純正PICプログラマ&デバッガ「PICkit2」のお得なセットです!

型番 ICD2-ADP16
定価 4,000円(税込4,400円)
販売価格 3,800円(税込4,180円)
購入数

ピックアップ商品