CrossConnect Classic

CrossConnect for ARMの主な特徴

CrossConnect for ARM JTAG/SWD アダプタは、CrossWorksと使用するのに最適なインターフェイスです。 ARM7, ARM9, XScale,Cortex コアをサポートし、CrossWorksのWindows, Mac OS X, Linux バージョンで使用できます。 さらに、20ピンARM と10ピンCortex コネクタの両方で使用できるSWDのフォーマットコンバータも付いています。

CrossConnect Classicの機能

CrossConnect Classicは、以下の機能を備えています:

  • ARM7, ARM9, Intel XScale, Cortex-M JTAG インターフェイスをサポート
  • ARM SWD アダプタCortex-Mシリアルワイヤデバッグをサポート
  • USB 2.0 フルスピードデバイス
  • 素早いアプリケーションのダウンロード、ベリファイ 、デバッグ
  • CrossStudioCrossLoadのARMバージョンがフルサポート
  • 適合JTAGクロッキングをサポート
  • コントロール可能なJTAGクロック(TCK) 回数
  • コンパクトでポータブルなデザイン (62mm x 51mm x 20mm)

システム要件

オペレーティングシステム

  • Windows 8 (x86 and x64), Windows 7 (x86 and x64), Vista (x86 and x64), XP , 2000
  • Mac OS X 10.4 Tiger 以上
  • Linux Kernel version 2.4.20 または libusb 0.1.10a (またはそれ以上)が付属したそれ以上のバージョン
  • Solaris 10 (x86)

コンピュータ

  • USB インターフェイスのあるPC

関連商品

CrossWorks for ARM

CrossWorks for ARM は、C/C++とアセンブリ言語による Cortex-M, Cortex-A, Cortex-R, ARM7, ARM9, ARM11, XScale マイクロコントローラのための完全な開発システムです。

>> CrossWorks for ARMの詳細はこちら

販売価格 45,000円(税抜)
購入数