CrossWorks for ARM【アカデミック(1WS)】

※商用(複数)ライセンスは、USBドングル使用のため、送料700円を含みます


※この商品はアカデミック版です。学生または教育機関の関係者向けの商品となります。一般の方は、通常版をご購入下さい。 アカデミック版の購入には、アカデミック情報の開示が必要となります

CrossWorks for ARMの主な特徴

CrossWorks for ARM は、C/C++とアセンブリ言語による Cortex-M, Cortex-A, Cortex-R, ARM7, ARM9, ARM11, XScale マイクロコントローラのための完全な開発システムです。

完全な開発システム

CrossWorks for ARM は、以下のフル機能を備えています:

  • CrossStudio 統合開発環境
    この機能は弊社独自に開発されたIDEで、編集・ビルド・ダウンロード・SWD/JTAG上のデバッグを処理します。
  • GNU GCC 、 Clang/LLVM C/C++ ツールチェーン
  • CrossWorks デバッガ 弊社のマルチコアデバッガ、はこのIDEまたは外部ツールチェーンででビルドされたアプリケーションを、シームレスにデバッグします。
  • CrossWorks C ライブラリ 弊社の非GPL・GPL C ランタイムライブラリで、組み込みプロセッサアプリケーションのために一からデザインされています。
  • 他社製品プロジェクトの読み込み機能
    Keil MDK-ARM及びIAR EWARMのプロジェクトを直接開くことができます。[新機能!]
  • CrossWorks タスクライブラリ
    CTLという名で知られています。 CTL はロイヤリティフリーのタスクライブラリで、マルチプライオリティ、プリエンプティブ、タスク切り替え、同期機能を提供します。
IDE

サポートされるコア、デバイス、ボード、テクノロジについて

CrossWorks は広範囲に及ぶARMコアをサポートしています:

サポートされるデバイス一覧


サポートされるCPU、デバイス、テクノロジの完全なリストは以下からご覧ください:

サポートされるデバイス - サポートされるデバイスのリスト

CPU サポートパッケージ - すべての一般的なマイクロコントローラと、一般的ではないマイクロコントローラをサポート。

ボードサポートパッケージ - 良く知られたハードウェアとテストされたサポートするソフトウェアで始めるために。

テクノロジライブラリパッケージ - あなたのプロジェクトの好調なスタートを可能に。

ターゲット接続


CrossWorks はターゲットのプログラム・デバッグに必要なアダプタを広範囲にサポートします:

  • CrossConnect for ARM JTAG/SWD アダプタは、CrossWorksと使用するのに最適なインターフェイスです。 ARM7, ARM9, XScale,Cortex コアをサポートし、CrossWorksのWindows, Mac OS X, Linux バージョンで使用できます。 さらに、20ピンARM と10ピンCortex コネクタの両方で使用できるSWDのフォーマットコンバータも付いています。
  • SEGGER J-Link が広く使用可能です。 詳しくは SEGGER Microcontroller をご覧ください。
  • Keil ULINK2 、 NXP LPC-Link 2等のCMSIS-DAP 互換デバイス CMSIS-DAPは現在、mbed や Seeed Arch Pro等の評価ボードの多くに統合されています。
  • STMicroelectronics ST-Link と ST-Link/V2 デバイス CMSIS-DAPと同じように、ST-Links は現在、プロフェッショナル ST 'EVAL' 評価ボードを含むDISCOVERYとNucleoの評価ボードに統合されています。
  • FTDI チップ FT2232/FT4232 ベースのAmontec JTAGkey やJTAGkey-Tiny, Olimex ARM-USB-OCD やARM-USB-TINY 等のJTAGデバイス

無償体験版ダウンロード


30日間無料で製品をご試用頂けます。

(継続してご利用になられる場合は、ライセンスをご購入いただき、解除キーを登録する必要があります。 また、ライセンス取得手続きに数日間お時間を頂く場合がございます。継続して使用する場合は、ダウンロード後にすぐのライセンス購入をお勧めします。 ダウンロード後、解凍してsetup.exeを実行してインストールします。 使用方法は、インストール完了後にプログラムを実行し、その中のヘルプを参照してください。)

項目 ダウンロード サイズ 更新日
CrossWorks for ARM v3.6.2
(Windows)
exe 160MB 2016/01/07
CrossWorks for ARM v3.6.2
(Mac OS X)
dmg 304MB 2016/01/07
CrossWorks for ARM v3.6.2
(Linux (x86/x64))
tar.gz 256MB 2016/01/07
CrossWorks for ARM v3.6.2
(Linux (armv7l))
tar.gz 231MB 2016/01/07

システム要件

オペレーティングシステム

  • Windows 8 (x86とx64), Windows 7 (x86とx64), Vista (x86とx64), XP , 2000
  • Mac OS X 10.9 Mavericks, 10.8 Mountain Lion, 10.7 Lion, 10.6 Snow Leopard, 10.5 Leopard (Intel) , 10.4 Tiger (Intel)
  • Linux (x86/x64) kernel 3.4 以上 - CrossWorksはこの基準を満たす全てのLinuxディストリビューション 上で動作するはずですが、弊社では主にUbuntuディストリビューションでテストを行っています。12.04 LTS から 14.04 LTS までの全てのUbuntuのリリースでテスト済みです。
  • Linux (armv7l) kernel 3.4 以上 - 12.04 LTS から 14.04 LTS までの全てのUbuntuのリリースでテスト済みです。

コンピュータ

  • 1GHz CPU またはそれ以上
  • 1GB RAM
  • 1GB ディスク空き容量

関連商品

CrossConnect for ARM

CrossConnect for ARM JTAG/SWD アダプタ

CrossConnect for ARM JTAG/SWD アダプタは、CrossWorksと使用するのに最適なインターフェイスです。 ARM7,ARM9,XScale,Cortex コアをサポートし、CrossWorksのWindows, Mac OS X, Linux バージョンで使用できます。さらに、20ピンARM と10ピンCortexコネクタの両方で使用できるSWDのフォーマットコンバータも付いています。

>CrossConnect Proの詳細はこちら
>CrossConnect Classicの詳細はこちら

CrossWorks for AVR


CrossWorks for AVR を30日間無料でご試用頂けます。

(継続してご利用になられる場合は、ライセンスをご購入いただき、解除キーを登録する必要があります。 また、ライセンス取得手続きに数日間お時間を頂く場合がございます。継続して使用する場合は、ダウンロード後にすぐのライセンス購入をお勧めします。 ダウンロード後、解凍してsetup.exeを実行してインストールします。 使用方法は、インストール完了後にプログラムを実行し、その中のヘルプを参照してください。)

項目 ダウンロード サイズ 更新日
CrossWorks for AVR v2.1.0
(Windows)
zip 31.4MB 2014/09/30
CrossWorks for AVR v2.1.0
(Mac OS X)
dmg 69.7MB 2014/09/30
CrossWorks for AVR v2.1.0
(Linux (x86/x64))
tar.gz 63.3MB 2014/09/30
CrossWorks for AVR v2.1.0
(Linux (armv7l))
tar.gz 60.3MB 2014/09/30
販売価格 45,000円(税抜)
購入数